オンラインカジノの仕組みを徹底リサーチ

オンラインカジノ 日本

初心者にもわかりやすくオンラインカジノの仕組みを解説!

オンラインカジノは、オンライン上で誰でも簡単にいつでもカジノを楽しめるという手軽さから日本でも利用者が右肩上がりで増えてきています。実際の現金を賭けての賭博であり、勝ち金も換金することができますので、列記としたギャンブルと言えます。

家にいながらにしてギャンブルが楽しめる。わざわざパチンコ店や競馬場に出向かなくてもパソコンやスマートフォンがあればいつでも参加できる。それがオンラインカジノです。

しかしながら、気軽に参加できるからと言って、安易に利用するのは危険です。

日本国内でも、実際にオンラインカジノ利用者が逮捕されたという事件も起こっています。オンラインカジノの法律は、現状ではまだ整備されていません。オンラインカジノは、日本国内で利用することは法律的にはグレーゾーンということは頭に入れておきましょう。

ということで、ここからはオンラインカジノの仕組みを解説していきたいと思います。オンラインカジノがどのように成り立っていて、どのような組織が関係して運営されているかを理解することにより、信頼の持てるオンラインカジノを見つけることができると思います。

ネット上には2,600以上のオンラインカジノがあると言われています。オンラインカジノの仕組みをしっかり理解することにより、どのカジノを選択すればいいのか見えてくるはずです。当サイトでじっくり勉強して、自分に合ったオンラインカジノ選びの参考にしてみてくださいね。

 

オンラインカジノはどこで運営されてるの?

オンラインカジノ ソフトウエア開発会社

ネット上にはオンラインカジノが数多く存在しています。その数2,600サイト以上あると言われていて、それぞれ独自の運営を展開しています。

オンラインカジノを運営するにあたって必要な条件があります。それは、運営する国がオンラインカジノ合法国であるかは絶対条件です。ですから、日本はオンラインカジノ合法国ではないので、もし日本でオンラインカジノを運営した場合は違法となり運営元は逮捕されてしまいます。

オンラインカジノを運営するには、その国の政府からオンラインカジノを運営するためのライセンスを取得する必要があります。ライセンスを取得するためには政府からの厳しい審査をクリヤーしなければ許可がおりませんので、健全な運営が求められます。たとえ一度ライセンスを取得しても、その後の運営状況によりライセンスを剥奪されるというケースも見受けられます。

ネット上には、ライセンスを取得せずに無断で運営していたり、運営状況が悪くライセンスを剥奪されたサイトがそのまま運営を続けていることもありますので、注意が必要です。そういったサイトでは詐欺行為やドラブルに巻き込まれる可能性が高いので近づかないようにしましょう。

 

政府機関によってライセンス取得審査にバラつきあり

オンラインカジノ合法国の政府機関によって発行されるライセンスは、その国ごとの基準をもとに審査されます。ということで、どうしても国ごとに審査の基準にバラつきがあり、信頼度にも影響してくると言えます。

ライセンスを取得しているから絶対に安心ということには繋がりません。ただし、ライセンス発行条件が厳しい政府機関からのライセンスは信頼度が高いと判断するのが妥当でしょう。当然ながら、ライセンス発行後も継続してそのオンラインカジノを審査し監視しています。問題があればライセンス剥奪もありえます。

ライセンス取得審査が厳しいと言われている国

イギリス

マン島

マルタ共和国

ジブラルタル

オーストラリア

逆にライセンス取得が甘い国は、ベリーズやコスタリカ、東欧諸国などが挙げられます。ただし、甘いからと言って信頼度が低いと断定はできません。

オンラインカジノ初心者にとっては、オンラインカジノ選びの一つの判断基準として活用することができます。できるだけ信頼度の高いライセンスを取得しているオンラインカジノを利用することをオススメします。

 

オンラインカジノ合法国の動向

日本では2018年7月にカジノ法案が可決され、カジノがついに日本にやってくる、という期待が高まっています。しかしその一方で、日本国内でオンラインカジノを運営することは違法となっています。厳密に言えばオンラインカジノの法整備がまだなされていないと言ったほうが正しいかもしれません。

いずれ日本でも、オンラインカジノの法整備が進むことが予想されます。そして、世界に目を向けると、その動向は様々です。意外にもアメリカでは、本場カジノはあるのですが、オンラインカジノに関しては法整備の途中です。

国内にランドカジノを認めている国でも、オンラインカジノは禁止という国も存在します。その理由の一つが、資金の流れが挙げられます。いわゆる税金を徴収できるかできないかが問題と言えるでしょう。

いろいろな問題を抱えつつも、オンラインカジノの合法化は進められてくでしょう。世界でのオンラインカジノの動向から目が離せないですよね。

 

オンラインカジノはどうやって運営されているの?

オンラインカジノ 監査

オンラインカジノには、たくさんのカジノゲームが用意されています。バカラ、ポーカー、ルーレット、ブラックジャック、スロットなどなどがありますが、すべてを運営会社が用意しているわけではありません。実は、ほとんどのオンラインカジノでは、ソフトウェア開発会社からシステムの提供を受けています。

パチンコ屋さんで例えると、パチンコ店がパチンコメーカーからパチンコ台やシステムの提供を受けて営業している仕組みと同じで、オンラインカジノ運営者がソフト開発会社からカジノゲームのシステムの提供を受けているという仕組みです。

オンラインカジノ運営者にとって、カジノゲームのソフトウエア開発会社はなくてはならない存在であり、どこのソフトウエア開発会社と提携するのかも重要となってきます。後ほど解説しますが、システムに不備があればオンラインカジノ自体の信頼問題に発展しかねません。

そして、違うオンラインカジノであっても、同じソフトウェア開発会社からカジノゲームの提供を受けているケースもありえます。いかに人気のカジノゲームを、多くプレイヤーに提供できるかも、オンラインカジノ運営者にとっての大事な戦略でもあります。

 

ソフトウェア開発会社の重要性

オンラインカジノを運営するにあたって、最も重要と言えるのがカジノゲームの存在です。プレイヤーがいかに楽しく安全に利用できるかを考える必要があります。オンラインカジノであっても、本場のカジノでプレイしているような臨調感やゲーム性、演出やゲームの種類の豊富さなどが求められます。

そして、一番気になるのが、ソフトウエアの信頼性です。プレイヤーにとっては、いわゆるイカサマしてるんじゃないかという心配ですね。ギャンブルの世界では切っても切り離せない話でもあります。

サイコロやカードの出方に偏りがでたり、意図的に出目を操作したりできてしまえば、公平性に問題が生じてきてしまいます。オンラインカジノ運営者であっても、ゲームの確率抽選をコントロールしてしまえば、プレイヤーにとっては不利にしかなりません。

ということで、カジノゲームの開発には、公平な立場で精度の高いソフトウエアの開発が求められます。オンラインカジノ運営者が自社で開発しないで、分離させているのも公平性を保つためであり、いかに質の高いソフトウエアを開発するかが求められるからとも言えます。

 

ソフトウエア開発会社の有名どころの紹介

オンラインカジノのソフトウエアを開発している会社は、世界に100社以上あると言われています。そもそもオンラインカジノは、1995年頃からサービスが開始され始めたということで、20年以上の歴史があります。サービス開始当時から創業している会社から最近新しく参入してきた会社まで様々です。

その中でも、特に有名なソフトウエア開発会社が、プレイテック(pleytech)とマイクロゲーミング(microgaming)です。多くのオンラインカジノにソフトウエアが採用されていて、高い評価を受けています。いってみれば、この2社のソフトウエアを採用しているということであれば、信頼の置けるオンラインカジノという証明ともなりえます。

オンラインカジノの初心者の方が、どのカジノを選べばいいか迷った時の判断材料としてソフトウエア開発会社のチェックは欠かせません。そんな、代表的なソフトウエア開発会社を紹介していきます。

 

プレイテック(pleytech)

プレイテックは、1999年にイギリス自治領マン島で創業を開始しています。歴史も古いのですが、最近急速に人気の高いカジノゲームを開発して一気にその地位を固めつつあります。業界でも大手の一つとして数えられ、多くのオンラインカジノにソフトウエアが採用されています。

2006年にはロンドンの株式市場に上場を果たし、その名を世界に轟かせました。ラスベガスやマカオなどの本場のカジノでもその技術は認められ、実際にソフトウエアが採用されています。すでに世界では、カジノ関係の会社は一流の存在として認められています。

 

マイクロゲーミング(microgaming)

マイクロゲーミングは、1994年にゲームのソフトウエアを開発する会社としてスタートしました。人気ゲームを数多く開発し、クオリティーの高さでは世界中から称賛されています。そんなマイクロゲーミングは、ゲーム開発だけにとどまらず、カジノゲームの開発にも力を入れています。

現在では、オンラインカジノのソフトウエア開発会社のNO.1企業として君臨しています。カジノゲームの特徴としましては、種類も豊富で臨調感あふれる美麗な演出が人気です。そして、セキュリティ対策も万全で安全面に関しても安心してプレイすることができます。

マイクロゲーミングは、世界で初めてオンラインカジノのカジノゲームを開発した会社と言われています。オンラインカジノが健全に運営されるための活動も積極的に行っている会社でもあります。オンラインカジノを監視する審査機関であるイーコグラの設立にも関わっています。

 

その他のソフトウエア開発会社

プレイテックとマイクロゲーミングは、オンラインカジノ業界では最大手の2社として君臨しています。その他にも数多くのソフトウエア開発会社は存在しています。それぞれ特徴があり、ライブカジノが得意であったり、スロットやバカラに独自の技術を採用している会社もあります。

ネットエント(NETENT)

1996年に設立されたゲーム開発会社で、2007年にはナスダックOMXストックホルムに上場しています。スロットゲームを得意とし、クオリティーの高いアニメーションを活用することにより多くのプレイヤーから多くの支持を得ています。

ベットソフト(BetSoft)

最近最も注目を集めているソフトウエア開発会社の一つです。注目されている要因は、3Dグラフィックを使ったスロットやポーカーゲームを提供しています。新しい感覚のカジノゲームということで、多くのプレイヤーから支持されています。

エボリューションゲーミング(EvolutionGaming)

本場のカジノの臨調感あふれる体験をネット上でできるライブカジノが、世界中で人気を博しています。エボリューションゲーミングでは、ライブカジノの開発に力を入れています。まるでカジノでディーラーと対峙してプレイしているかのような雰囲気でカジノを楽しむかとかできます。多国語対応というサービスも人気の秘訣です。

 

オンラインカジノ関連会社も一流企業として認められている

オンラインカジノに関係している企業も年々増加していってます。世界ではオンラインカジノの需要は右肩上がりでプレイヤーが増えています。特にヨーロッパでは、エンタメの一つとして定着しています。日本で言えば、パチンコ・スロットのような世間一般に広く浸透しているエンタメといったところでしょうか。

オンラインカジノ運営会社やその関連企業の中には、アメリカやイギリスなどで株式上場している会社もあり、すでに一流企業としての地位を築いています。カジノはただのギャンブルとして捉えているのではなく、エンターテイメントの一つとして社会的地位を確立しています。

最近では、スポーツチームのスポンサーに力を入れている企業が多く見受けられます。私達も知らないうちに目にしているかもしれません。有名なところでは、ヨーロッパのサッカーチームの名門マンチェスターユナイテッドのスポンサーにBetfairが、レアルマドリードのスポンサーにBwinが契約しています。

ヨーロッパでは、街角で普通にオンラインカジノ関連企業の広告看板を目にすることができます。世界では、オンラインカジノの存在が当たり前であるという扱いになっています。優良企業であるという証にもなりますよね。

ギャンブル大国日本?

日本では、ギャンブルと言うとイメージが悪い印象ですね。ただ、世界から見たらこれほどギャンブルが根付いている国も珍しいと言えます。パチンコ・スロットや競馬競輪、宝くじ、ロトくじ、BIGなどなど、社会的地位を築いているにもかかわらず、あまり印象が良くないのはなぜなのでしょうか?

ギャンブルが遊びの範疇を超え依存症の問題も大きく取り上げられています。そして、日本人にはギャンブルは良くないことという刷り込みもあるかもしれません。と言いながら、街中にギャンブルが溢れているのも事実です。

そのような問題を解決しながら、日本でもカジノやオンラインカジノの法整備が進み、ギャンブルのイメージアップにつなげていって欲しいところですね。ギャンブルというくくりではなく、エンターテイメントという存在になることで世界との距離も縮まるかもしれません。

 

オンラインカジノと審査機関との関係

オンラインカジノ 企業

オンラインカジノを運営するには、オンラインカジノ合法国からのライセンスが必要ですが、取得していればそれでいいとは言い切れません。ライセンス取得後も、当然ながらライセンス発行した政府機関からの監視は行われています。

チェック項目の一例

カジノゲームの払戻率に偏りがないか?

サイコロの出目やルーレットの数字の確率に偏りがないか?

マネーロンダリングや反社会勢力が関わっていないかどうか?

入出金に問題がないか?

ソフトウエアが公平に稼働しているかどうか?

様々なチェック項目があり、プレイヤーにとって不利な条件でないか厳しく審査されています。

 

審査機関の存在意義

オンラインカジノ運営元だけでなく、オンラインカジノ業界全体で健全な仕組みでなければ業界自体が成り立ちません。ということで、オンラインカジノ運営会社とともに、ソフトウエア開発会社も信頼に値する存在でなければなりません。その両者を監視、指導する仕組みとして、審査機関の存在があります。

オンラインカジノ運営会社であれば、健全な経営がなされているか、勝ち金をきちんと還元しているか、ソフトウエアの適正使用をしているか、セキュリティは対策は万全か、などがチェックされます。

ソフトウエア開発会社であれば、カジノゲームの還元率に問題がないか、公平性が保たれているか、サポート体制が万全であるか、などがチェックされます。

審査機関からの厳しいチェックをクリアーすることが、その会社の信頼度を高めることに繋がります。そして、その審査機関の存在こそが、オンラインカジノ業界全体の信頼につながると言えます。

 

イカサマ審査機関もある?

では、審査機関であれば、すべて信頼の置ける機関であるのかということですが、実のところは安全とは言い切れません。

オンラインカジノ運営者による自作自演の審査機関を立ち上げ、都合のいいように審査して見かけ上安全をうたっているというケースも見受けられます。詐欺まがいの審査であっても、内部的な内容までは公表されていませんので見抜くことができないというのが現状です。

実際には、イカサマ審査機関は存在すると思われますので、詐欺にあわないためにも見極めは重要です。そんな危険回避に必要なことは、有名どころの審査機関を頭に入れておくことも必要です。

 

審査機関の有名どころの紹介

オンラインカジノの市場規模が大きくなるに連れて、審査機関の存在も重要となってきます。関係企業の裾野も広がりを見せている以上、安易な営業展開をする企業の取締は業界を守るためには必須です。そのような状況で、オンラインカジノの審査機関の整備は、これからのオンラインカジノの行く末を左右します。

審査機関からの厳しいチェックをクリアーすることで、プレイヤーからの信頼を得ることに繋がります。ということは、信頼のある審査機関からのお墨付きを得ているオンラインカジノ運営会社やソフト開発会社は、安心して利用できると言えますよね。オンラインカジノ選びの一つの指標としても使えます。

数多く信頼の置ける審査機関の中から、代表的な企業をいくつか紹介していきます。ここで紹介した審査機関からのお墨付きを得ている企業であれば、安心してプレイできるオンラインカジノと言っても過言ではありません。

 

イーコグラ(eCOGRA)

イーコグラは、2003年にイギリスのロンドンで設立された審査機関です。そして、非営利組織でもあります。独自の厳しい基準での審査をしており、その審査をクリヤーした企業には認定マークを発行しています。

世界4大監査会社でもある、プライスウォーターハウスクーパースやKPMG LLP公認会計事務所やソフトウエア開発会社であるマイクロゲーミングなどの協力によって設立されました。

カジノゲームの公平性、ペイアウト率の審査、プレイヤーの保護、運営実績、セキュリティ対策、ライセンスの更新、などの審査を行っていて、さらにプレイヤーとオンラインカジノ運営者との解決できないトラブルの仲介なども積極的に行っています。

すでに、世界中のオンラインカジノ関連の審査の実績も600件以上行っていると言われていて、世界でも有数の審査機関として信頼されています。イーコグラの認定マークを提示しているオンラインカジノ関連企業は安心して利用できると言えます。

 

TST

TSTは、1993年にカナダを拠点とした審査機関として設立されました。アメリカやカナダなどで、宝くじを監査したり、本場のカジノのスロットマシーンの検定を主におこなっていました。その技術を活用して、オンラインカジノの監査、検定をおこなっています。

ソフトウエア開発会社が開発したソフトの公平性や乱数発生装置の検査を中心に監査試験をしています。ディーラー側が有利になり、プレイヤーが全く勝てない状態にならないように厳しい基準でのチェックを行っています。

TSTも、オンラインカジノ業界の世界で信頼されている審査機関であり、TST認証のマークを発行しています。TSTからのお墨付きがあるオンラインカジノであるならば、安心してプレイできます。

 

PWC

PWCは、イギリスのロンドンで運営されている、世界最大級の会計事務所として知られています。国際機関など国家レベルの機関に対してのコンサルタントを展開しています。

世界の一流のカジノがPWCに審査の依頼を受けています。さらに、IR構想の支援も行っていて、リアルカジノのコンサルティングやアドバイザーも務めています。

 

審査機関を知ることがオンラインカジノ選びの重要要素

オンラインカジノの運営者やソフトウエア開発会社が、審査機関からのチェックを受けていることは当たり前のことと言えます。とは言え、審査を一度クリアーしただけで、その後継続的に審査機関のチェックを受けずに営業しているというオンラインカジノ業者も存在します。

まずは、有名どころの審査機関の監査を受けているかをチェックし、継続して監査を入れているかどうかも確認する必要があります。オンラインカジノ関連企業のサイトに、イーコグラやTSTからの監査認定マークが提示されているものが最新であるかどうかチェックする必要があります。

 

オンラインカジノ利用者にとっての決済サービス会社の存在

オンラインカジノ 初心者

オンラインカジノ利用者にとって、一番身近で大切な存在であるのが、決済サービス会社ではないでしょうか。そもそも、決済サービス会社とは、オンラインカジノとプレイヤーの間を取り持つ存在で、入出金のやり取りを安全かつスムーズに行う手助けをしてくれています。

オンラインカジノの運営元は海外です。当然ながら日本円では直接やり取りすることができません。外貨への両替と聞くと面倒くさいなと思ってしまいます。それでもって、海外のサイトとなるとセキュリティや個人情報の扱いも気になるところです。

それらの気になる問題をすべて解決してくれるのが、決済サービス会社と言っても過言ではありません。オンラインカジノを楽しむ上で、絶対に欠かせない存在であることは間違いないでしょう。決済サービス会社を利用することで、すぐにでもオンラインカジノを利用することも可能です。

 

決済サービス会社は何ができるの?

オンラインカジノでの入出金の仕組みを、まずは理解しなくてはなりません。先ほども説明しましたが、オンラインカジノは海外で運営されていますので、やり取りには制約がある場合があります。基本的には、クレジットカードでの入金が一般的です。ですが、日本国内ではオンラインカジノ自体がグレーな立場であるため、クレジット会社が慎重なケースが有ります。

オンラインカジノによっては、クレジットカードでの入金ができなかったり、カード会社の制限があったりもします。そして、クレジットカードでの入金ができたとしても、出金はクレジットカードではできません。そんな時に便利なのが決済サービス会社ということになります。

決済サービス会社では、オンラインカジノへの入金と勝ち金の出金をおこなうことができます。そして、その決済サービス会社と提携しているオンラインカジノであれば、他のオンラインカジノへ資金を移すことも可能です。わざわざ出金して、また入金しなおすという手間が省けますね。

当然ながら、入出金には手数料がかかりますし、為替手数料がかかる場合もあります。せっかくの資金も無駄な手数料で減らしてしまっては意味がありません。いかに効率よくお金を動かすことができるかもオンラインカジノでの勝負の一つと言えます。

 

代表的な決済サービス会社を紹介

オンラインカジノでプレイするためには、決済サービス会社を利用しなければ不便であることがわかります。入金と出金がスムーズにできるという点では利用しない手はないと言えます。

そして、決済サービス会社への登録は無料でおこなえますし、口座維持料一切かかりません。

これからオンラインカジノを始めようという初心者の方にとっては、まずはじめに登録しておくことをオススメします。

ここからは、オススメの決済サービス会社を紹介していきますので、ぜひとも早めに登録しておきましょう。

 

エコペイズ(ecoPeyz)

エコペイズは世界中のオンラインカジノと提携していることで有名です。代表的なオンラインカジノであればほぼ間違いなく利用できますので、初心者の方は、まずはエコペイズに登録することをオススメします。

エコペイズのサイトは、日本語対応となっているため非常に利用しやすく、サポートも日本語での問い合わせができるので安心して利用できます。

エコペイズの口座に資金があれば、瞬時にオンラインカジノへ入金することが可能です。出金も自分の銀行口座に簡単に振り込むことができます。

 

アイウォレット(iWallet)

アイウォレットは2013年に設立された比較的新しい決済サービス会社で、香港で運営されています。まだまだ新しい会社ということで、ベラジョンカジノやジパングカジノ系列などの一部のオンラインカジノで利用できますが、これからますます提携オンラインカジノが増えていくことが予想されています。

アイウォレットでも日本語対応となっていますので、アカウントの登録やサポートも安心しておこなうことができます。入金もクレジットカードや銀行振込ででき、出金も自分の銀行口座に振り込むことが可能です。アカウントの登録は身分証明不要で可能ですが、出金制限がかかってしまいます。本人確認することで無制限となりますので、できれば本人確認を済ませておくことをオススメします。

 

ヴィーナスポイント(VenusPoint)

ヴィーナスポイントは、決済サービス会社の中でも少し特殊な部類のサービスをおこなっています。通常、決済サービス会社へ入金するのが普通ですが、ヴィーナスポイントへは直接入金することができません。ヴィーナスポイントは、その名の通りポイントシステムを採用しています。

提携しているオンラインカジノから、お金をヴィーナスポイントに移すときには、ポイントに交換するという仕組みとなっています。1ポイント1ドルという交換ルートとなっています。そして、このポイントは直接購入することができませんので、提携のオンラインカジノにある資金からポイントへ交換するという形になります。

そのポイントを使って、他の提携オンラインカジノへ入金したり、自分の銀行口座に出金することが可能となっています。ヴィーナスポイントのメリットとしまして、あるオンラインカジノから他のオンラインカジノへ資金を移す時に手数料が無料でおこなえることと、自分の銀行口座への出金手数料が比較的安く済むことが挙げられます。

ヴィーナスポイントは、日本語にも対応していて、大手のオンラインカジノとの提携もしていますので利用価値は高いと言えます。ベラジョンカジノやジパングカジノ、インターカジノなどと提携しています。

 

ウェバンク(webanq)

ウェバンクは、現在では一番迅速簡単にオンラインカジノに入金できる手段として有名です。日本国内の銀行から直接ウェバンクに入金することが可能です。その中でも、特にセブン銀行とジャパンネット銀行は24時間振込が可能となっていて30分程度で入金することができます。すぐに入金したいというときには便利ですので、ウェバンクを利用する場合は、セブン銀行かジャパンネット銀行に口座を開設しておくことをオススメします。

ただ、現在ウェバンクと提携しているオンラインカジノは、ワイルドジャングルカジノとJBETカジノだけなのが残念です。ここまで便利な決済サービス会社なので、これから提携オンラインカジノは増えてくる可能性が高いと言えます。

 

最近流行りのビットコインでも入金できるの?

最近よく耳にするビットコイン。このビットコインは仮想通貨と呼ばれ、その特徴としまして匿名性が高く、送金が早いうえ手数料も安く済むという優れた通貨です。オンラインカジノとの相性は抜群にいいと言えます。

オンラインカジノでは、個人情報が漏洩することで日本国内でも逮捕者が出ていることを考えると慎重さが求められます。その点で言えば仮想通貨は、セキュリティ対策としては優秀です。そして何より為替手数料や決済手数料などの節約に長けています。

ただ、デメリットもいくつかあります。仮想通貨は価格変動リスクがまだまだ高いと言えます。2016年には1ピットコイン5万円ほどの価値しかありませんでしたが、2017年には1ピットコイン240万円まで跳ね上がりました。そして2019年1月現在は40万円前後で推移しています。いくら手数料が安いといっても、ここまで価格が変動してしまうと、場合によっては大損をしてしまうというケースも出てきてしまいますので、注意が必要です。

そして、ビットコインでの入出金に対応しているオンラインカジノはまだまだ少ないと言えます。現在では、ベラジョンカジノやビットカジノ、W88カジノなどが利用可能です。今後、仮想通貨での入出金が利用できるオンラインカジノが増えてくるかどうかは、仮想通貨の動向次第とも言えます。

 

オンラインカジノの仕組みのまとめ

オンラインカジノを安心して楽しむためには、どのような仕組みで運営されているかを理解することが重要です。オンラインカジノは、ネット上でのやり取りとなり、運営側の実体がわかりにくいと言えます。そして、実際に自分のお金を使ってのプレイとなるわけですから、詐欺にあうようなことは避けたいですよね。

もし詐欺にあった場合には、日本国内では泣き寝入りするしかないというのが実情です。当然ながら、日本ではオンラインカジノは法律的にみてグレーゾーンの扱いですから、自己責任の側面が強いと言えます。ですから、オンラインカジノ選びには慎重になる必要があります。

オンラインカジノの仕組みの中でのチェックポイントを挙げておきます。

・審査が厳しい政府機関からライセンスを取得しているか

・世界中で認められているソフトウエア開発会社と提携しているか

・オンラインカジノ自体やソフトウエア開発会社が第三者の審査機関のチェックを受けているか

・信頼の置ける決済サービス会社と提携しているか

・何よりもオンラインカジノ自体の評判が良いかどうか

上記のことを中心に、ネット上やオンラインカジノのサイト内で確認をし吟味することをオススメします。オンラインカジノ自体に問題がなくても、利用しているソフトウエア開発会社に不正があるケースもあります。さらに審査機関であっても、見かけ上だけの審査をしているように見せかけている場合もあります。

ということで、ここまで紹介してきた有名どころの企業であればほぼ間違いないと言えます。できれば世界中で信頼されているオンラインカジノやソフトウエア開発会社関連を選択することが安全であると考えられます。

ぜひ、これらの情報をもとに、安心安全なオンラインカジノで気兼ねなくプレイできることを願います。

 

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。